犬の寿命が延びた理由

夕方に外へ出てみると、犬を散歩させている人をよく見かけます。犬は今や、ペットと言うよりは、家族と言ったほうがいいくらい、人に大事にされています。屋外で番犬として飼われていた時代とは、今は違うのです。犬小屋に押し込められ、人間の残り物を与えられていた頃と時代は変わり、現在は室内で飼われることが多く、食事も栄養バランスの整ったドッグフードが主流です。

このように番犬から家族として受け入れられるようになった犬ですが、それに伴い生活環境も大きく変わってきました。夏は涼しく、冬は暖かな部屋で寝起きし、飼い主と過ごす時間も増えました。人間が旅行にいくときなど、犬は留守番するのが当たり前でしたが、今はペット同伴で泊まれるホテルが増え、犬も旅行にいく時代なのです。

人と同じ扱いを受けるようになった犬ですが、人間が寿命を延ばしてきたのと同じように、犬の寿命も延びてきました。室内飼いで環境がよくなったことも原因として挙げられますが、やはりドッグフードによる影響も見逃せません。今は、10歳以上生きる犬は珍しくはありません。以前と比べると1.5倍ほど寿命が延びたことになります。では、ドッグフードは犬の寿命にどのように関係してきたのでしょう。

犬も長寿の時代へ

近所を歩いていると、犬を散歩させている光景をよく見かけます。また、ホームセンターに行けばペット用品コーナーが広く取られていますし、ペットショップの看板もあちこちにあります。他にも、ペット同伴で入ることのできるカフェは賑わっていますし、このように、今やペットは家族の一員としてとても大切に扱われているのです。その中でもやはり人気なのが犬でしょう。このサイトでは、その犬の寿命とドッグフードについて説明します。

以前と比べると、犬の寿命は急激に延びました。10歳以上生きる犬は当たり前となり、犬も長寿の時代になってきたのです。この犬の寿命が延びた理由として、やはりドッグフードが大きく関係していると言えます。昔の犬は、屋外で飼われ、餌は人間の食べた残り物というイメージでした。餌の内容は、ご飯などの穀物がほとんどで、魚や肉などのタンパク質はごくわずかというものです。

犬にとって、穀物は消化しにくい食べ物です。そして犬に必要な栄養素はタンパク質ですので、人間の残り物は犬にとってはありがたくないものと言えます。しかし、現在は犬にとって最高の栄養バランスであるドッグフードが普及しています。そのため、犬は長生きできるようになったのです。ただ一方で、犬の病気が増えていることが問題視されています。原因として考えられるのは、これもドッグフードなのですが、特に安価で質の悪いものが犬に悪影響を及ぼしていると言えます。飼い主が犬と長く付き合っていくには、よい素材のドッグフードを見分けることが必要なのです。